2010年06月11日

<菅首相>地域主権改革3法案の成立微妙(毎日新聞)

 菅直人首相は10日、首相官邸で全国知事会長の麻生渡福岡県知事ら地方6団体の代表者と会談した。麻生氏らは、国と地方の協議の場の設置などを柱とする地域主権改革関連3法案の今国会成立を求める要望書を提出。首相は「地域主権改革は菅政権に代わっても一丁目一番地の改革なので強力に推し進める」と意気込みを示す一方、「国会日程が大変厳しい」と述べ、成立は微妙な情勢だとの認識を示した。3法案は参院先議で参院を通過し、衆院で審議中。

【関連ニュース】
菅首相:韓国大統領と日韓米連携を確認 哨戒艦沈没事件で
参院選:菅首相、勝敗ライン50議席見直さず
菅首相:次官前に低姿勢、「協力お願いする」
鳩山前首相:特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ
口蹄疫:菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合

誤ってCO2噴霧、3人救助=マンション駐車場―東京・四谷(時事通信)
自見氏が郵政改革・金融相に内定(産経新聞)
【小鳩退場】社民 連立戻らず選挙協力(産経新聞)
スポーツそれともテレビ欄? 新聞で読んでいる記事ジャンル(Business Media 誠)
3万円で職業無許可紹介 「生活のため…」容疑の韓国人逮捕(産経新聞)
posted by タカベ トシヒコ at 18:19| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

<環境白書>閣議決定 環境技術で新たな成長(毎日新聞)

 政府は1日、10年版「環境・循環型社会・生物多様性白書」を閣議決定した。環境分野の技術革新「グリーン・イノベーション」で豊かさを享受しながら、鳩山政権が掲げる「20年に90年比25%の温室効果ガス削減」を達成することは可能と強調している。国連開発計画が国民1人当たりの国内総生産(GDP)や識字率、平均寿命などから先進国の発展レベルを示した「人間開発指数」(07年)で、日本は10位だ。白書では、環境保全の観点を加えて独自に再試算すると日本は6位に上がるとし、「環境を中心とした新たな経済社会の底力を日本が持っている」と指摘。大気汚染対策や再生可能エネルギーなどの環境技術を経済成長につなげるため、研究開発投資や人材育成に力を入れるとした。

【関連ニュース】
景況感:自律回復力に不安 主要119社アンケート
発信箱:油断、慢心は禁物だ=小松健一(北米総局)
日中韓:北海道で3カ国環境相会合 黄砂対策などで協力
エコ住宅:全新築で省エネ化目指す 法律義務化も検討
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束

神取議員、谷亮子氏に警告「そんなに甘いもんじゃない」(スポーツ報知)
福島氏、連立離脱の意向表明=「罷免は社民切り捨て」(時事通信)
<わいせつ>逮捕の警部補、捜査資料を悪用か 新潟(毎日新聞)
普天間14年移設、ずれ込みも=外相(時事通信)
障がい者制度会議、福島氏罷免で平野官房長官が担当(医療介護CBニュース)
posted by タカベ トシヒコ at 22:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。